2013年11月24日

子供会

とーきです。

今日は私事で失礼します。



昨日、地域の子供会で、人形劇を観に行きました。

この子供会では

人形劇鑑賞会は初めての企画です。

三重県の劇団ししかばぶさんの作品でした。



ししかばぶさんの作品は飯田で何度か拝見していて、

間違いなく面白い、ハズレなし、

との確信があったので、

人形劇鑑賞が初めての子供でも絶対楽しめる、

大勢にオススメしても大丈夫、

と自信を持っての企画でした。



やっぱり面白かったです。

僕は、お腹を抱えて笑いすぎて涙が出ました。

1年生から6年生まで、みんな楽しんでいました。

普段は少しやんちゃな男の子たちや

少しクールな女の子たちが

人形劇に引き込まれて夢中になってる意外な姿。

付き添いの保護者の皆様も

そんな子供たちに驚きながら、

自分たちも大笑いしていました。

子供会の企画としては大成功です。



ありがとうございました、ししかばぶさん。



…と

ここまでは普通に観劇レポートですが、

今回わざわざ特筆したいことは、この下。



この子供会では年に数回、毎年毎年、

いろいろな企画が行われています。

ボウリング大会、調理体験、動物園散策、工場見学、…等等。

これら今までの子供会行事では

全員参加はありえませんでした。

しかし今回の人形劇鑑賞会は

「人形劇を観るのは初めて。面白そう。」

などと大好評で、

子供会始まって以来初の全員参加、

…までは一歩届きませんでしたが、それでも

近年稀に見る高参加率!

そして、子供も大人も全員が大満足の企画。



「人形劇」って

あまり本物に触れたことがない子供も多いですが、

潜在需要はまだまだ多いのではないかな、と。

それこそ、かつての映画のように

「娯楽の王様」の地位に就くことも

不可能ではない!

ってのは言いすぎでしょうか。



すみません、言いすぎたと思います。

posted by みん at 22:09| 愛知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人形劇には不思議な魅力があります。
人形劇観たいって人たちを、いつのまにか、
人形劇やりたいに変えてしまう恐ろしさ(笑)

私も、その魔法にかかってしまった一人でした。

つい昨日のこと。。。
「みんさん、人形劇、やっていただけませんか?」
と、お好み焼き屋さんで知り合った方から、
電話がかかってきました。
けど、おそい!!
十二月四日にぜひ。。。と言われましたが、
私、十二月三日に奈良を立つんです。
Kさん、ごめんなさい。。。
ガールスカウトの子どもたちに見せて、
それをお手本に一人芝居を発表会で、全員で、
やろうと思っていたみたいです。

おしい!!
人形劇人口が。。。

とにかく人形劇には魅力があるのだと思います。
ただ、機会がないだけなのではないでしょうか?

。。。ちょっと、まともなことを語ってしまいました。
Posted by みん at 2013年11月25日 20:00
人形劇には不思議な魅力があります。
人形劇観たいって人たちを、いつのまにか、
人形劇やりたいに変えてしまう恐ろしさ(笑)
私も、その魔法にかかってしまった一人でした。

つい昨日のこと。。。
「みんさん、人形劇、やっていただけませんか?」
と、お好み焼き屋さんで知り合った方から、
電話がかかってきました。
けど、おそい!!
十二月四日にぜひ。。。と言われましたが、
私、十二月三日に奈良を立つんです。
Kさん、ごめんなさい。。。
ガールスカウトの子どもたちに見せて、
それをお手本に一人芝居を発表会で、全員で、
やろうと思っていたみたいです。
おしい!!
人形劇人口が。。。
とにかく人形劇には魅力があるのだと思います。
ただ、機会がないだけなのではないでしょうか?
。。。ちょっと、まともなことを語ってしまいました。
Posted by みん at 2013年11月25日 20:11
すみません、同じ文面、ふたつ投稿してしまいました。ひとつはなかったことに。。。(汗)
Posted by みん at 2013年11月25日 20:26
ぐうぜん、このブログにたどりつきました。
とーきさん、子どもたちをたくさん連れて、観に来てくださって本当にありがとうございました。「ホーム」な雰囲気のなか、楽しく上演させていただきました。ますます奈良が大好きになりました。みんなの様子をみて、子どももおとなも楽しんでいて、素敵な子ども会だなあと思いました。
話はかわりますが、先日、大学生が中心となって運営するフェスで上演させていただく機会がありました。私たちも大学時代を思い出し懐かしんでいたら、このブログに出会いました。私もあのころに思いをはせながらブログを読ませていただきました。
あの頃考えていたテーマと同じ人形劇を今は作らないとは思いますが、でも・・・やっぱりあのころが原点ですね。これからも愛読させていただきますね。どうぞよろしくお願いします。
Posted by ししかばぶ at 2014年01月14日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381059595
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック