2014年09月26日

ママさん金魚、二年目

winmail.dat
とーきです。

前回に続いて、ママさん達との人形劇の話です。





だいぶつOBのゼロと一緒に

人形劇を手伝ってくれた幼稚園PTAのママさんたち。

皆さん「難しいけど楽しい」と

やり甲斐を掴んでくれたようでした。



翌年(今から6年前)、

同じ幼稚園からまた依頼を受け、

前年の成功から、

試しに今度は

PTA本部役員のママさんだけでなく、

幼稚園の全保護者さんに

「人形劇を手伝ってくれませんか」

と大々的に呼びかけてみました。

役者としてだけでなく、

小道具係や音響係、

人形や小道具の製作、

など、興味のあることだけで結構です、と。



そうしたところ、

役者として参加してくれるママさんが

僕の予想以上に集まってくれました。



しかし、人数的には集まったとしても、

作品制作には、人形劇の経験者にも参加してほしい。

そこで、前年同様、

ゼロにお願いしてみました。

するとゼロは、参加してくれるだけでなく、

役者として後輩のきさら、ジャムと

そのほかの手伝いにゼン、そーず達をも連れて来てくれました。



ママさん達と、だいぶつOB達の

混成劇団が、ここに生まれたのです。



練習では、

ママさん達とOB達のセリフの掛け合いに、

ケコミの外からそーずが演出を付けてくれ、

ママさん達も、

ゼロやきさらの演技に引っ張られ、

慣れない演技をとても頑張ってくれます。

そんな中で僕は、

この不思議なメンバーの劇団活動に携わっていることが

とても幸せに思えていました。





そして、公演は

昨年以上の大成功!



観客だった保護者の皆さんからは、

「一年間の幼稚園行事の中で一番面白かった」

とか

「(観劇料)1500円は払わなくていいんですか」

とか

そんな感想をいろいろといただきました。

初めて役者として参加してくれたママさんの中には

「今までいろんなレジャーや趣味に手を出したけど、

 人形劇をやるのが一番楽しいかも」

と開眼してしまった人も。



人前に出るのは苦手そうなママさんが

活き活きと演じている姿には、

感慨深いモノがありました。

客席に自分の子供がいる前での演技だからこそ、

やり甲斐をつかんでくれたのかも知れません。





こうして、

ママさん達の人形劇が

軌道に乗りはじめた二年目でした。





次回、三年目の話に続きます。





余談ですが、

ゼロは公演当日に、

当時現役生だったきょしんへいを連れてきてくれ、

彼が司会や劇紹介を務めてくれました。

また、

この時の作品を

だいぶつメンバーだけで

大人向けにアレンジしたものを

同年の飯田ミッドナイトで上演したのです。



幼稚園公演の話をお願いした時から、

はじめから飯田上演を視野に入れて

多くのOB達を連れてきてくれたゼロには

本当に感謝です。



ありがとうね、ゼロ。

posted by みん at 22:26| 愛知 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、実は何も考えてなかttゲフンゲフン
Posted by 零 at 2014年10月26日 02:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406083652
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック