2014年10月25日

だいぶつ流

とーきです。



前回まで、

ここ数年間一緒に人形劇活動している

ママさん達の話を続けました。



その話の補足を今日は少し。





初めてママさん達が公演した時

黒子(「ほくろ」じゃなく「くろこ」と読みます)

を作って、被ってもらいました。

そして、全身真っ黒の服に、

黒い手袋を着用してもらいました。



黒子とは、いろいろな意味がありますが、

だいぶつでは、

頭からすっぽり被って

顔が外から見えないようにするための

袋状の黒い布を意味していました。



それを初めて被ったママさん達は

「こんなに視界が悪くなるのね」

と少々困惑しながら、

なんとか演じ切ってくれました。





ケコミは、

横幅3.5〜4mくらい、高さ90pくらいに設定しました。

90pの高さで人形を持って

4mの幅で演技を続けると、

腕が疲れますが、

練習を繰り返し、

なんとか演じ切ってくれました。





これらのスタイルはもちろん、

僕が人形劇だいぶつで習ったやり方です。





このブログで紹介したことがある「ししかばぶ」さんは、

ケコミの構造もサイズも全く違いますし、

(横幅2mくらいでしょうか)

役者は黒子を被らずに

演じている役者の表情が見えるようになっていました。

これは、古巣の大学サークルのスタイルでしょうか。

それとも、その大学に講師として来ていたという

むすび座さんのスタイルでしょうか。



いずれにしても、

だいぶつとは全く違う手法です。



ママさん達も、飯田に行くと

いろいろなスタイルでの人形劇があることを知ります。

様々な手法の劇団を見ることが出来ます。

しかしそれでも

ママさん達は、もう

当たり前のようにいつものサイズのケコミを使い、

当たり前のように黒子を被ってくれます。

それが「ママさん金魚」スタイルになっています。





地元で公演する時は

だいぶつから引き取ったケコミを使って、

「だいぶつ」のタグが付いている暗幕を使います。



だいぶつの「魂」だけでなく

だいぶつの「流儀」や

だいぶつの「道具」が

ここではまだ生きています。



みんさんが「ママさん金魚」のことを

「だいぶつの分身? DIVE2の分身?」

とコメントしてくれましたが、

だって、

僕はこのスタイルでしか人形劇ができませんから。





来月

隣の町内会で公演します。



もちろん、だいぶつ流で!



posted by みん at 18:14| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。