2012年07月09日

だいぶつラストステージ

とーきです。

 

昨年の「だいぶつラストステージ」に

来ることができなかったOBから

連絡をもらいました。

同じようなOBも大勢いますので、

遅ればせながら…今日は当日の模様を報告します。

 

平成23年2月12日。

前日の大雪で交通が乱れ、

ここに来る足にも

変更を余儀無くされたOBが多かったです。

準備風景。

開場は午後でしたが、

午前中から何人かのOBが早めに駆けつけて、

セッティングを手伝ってくれました。

在籍当時のトレーナーを持参で。

客席後方。

地域の家族連れやだいぶつOBなど

大人100人以上集まってくれました。

客席前方。

この写真は2月6日の項で使ったものの再掲載です。

子供も50人以上いました。

地域のママさん劇団の作品「はだかの王様」

だいぶつ現役生の作品「恐怖の昼休み」

1月8日の項で使った写真の再掲載です。

だいぶつOBと、地域ママさんのジョイント作品

「長靴をはいたネコレンジャー」

 

気がつけば2時間以上の公演でした。

 

ちなみに、地域のママさんとは

僕が、自分の子供が通う幼稚園で

人形劇を上演していたところ、

「面白そう」「やってみたい」

と協力してくれたママさん達です。

 

人形劇の魅力は不滅だよー!

 

posted by みん at 23:28| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

先生方から

とーきです。

 

昨日、久々に大学へ行く用事があり

何人かの先生方とお話する機会に恵まれました。

どの先生も異口同音に

だいぶつの廃部を残念に思っている、とのことでした。

 

「地域に貢献できる活動をしているサークルは少ないので

だいぶつは大学にとってもありがたかった」

 

とか

 

「放課後4時10分になると学内に響き渡る

だいぶつの発声練習の声が、大学を活気づけてくれていた」

 

とか

そんなお話を語ってくださった先生もいらっしゃいました。

 

まあ、だいぶつOBの中には、

「課外活動より学業優先の方針を強化した大学こそが

だいぶつの衰退を招いた要因のひとつじゃないか」

との意見もありますが、

いろいろな要因がいくつも重なってのこと、

今日はその話は置いといて…

 

ソロプチミストでお世話になった武久先生から

 

「だいぶつの皆さんには本当にお世話になりました。

最後には3人くらいにまで少なくなってしまいましたが

それでもソロプチミストからお願いした公演も

最後まで頑張ってくれました。

現役生、卒業生のみなさんに

よろしくお伝えください」

 

とのお言葉をあずかりましたので、

この場で皆さんにご報告させていただきます。

 

これは、昨日撮影しただいぶつのBOXです。

あの頃の乱雑さがウソのような

な〜んにもない空き部屋でした。

 

posted by みん at 18:43| 愛知 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

奈良人形劇フェスティバル、その3

とーきです。

写真は、平成8〜9年頃と思われる

奈良人形劇フェスティバルの会場の一場面です。

 

「こどもまつり」を長年共催していた

     奈良教育大「エコー」

     奈良佐保女子短「えのぐばこ」

     奈良大学「だいぶつ」

との合同企画として発足したこのイベントに、

参加大学サークルがどんどん増え、

最盛期には

     同志社大「阿呆加座」

     神戸大児童文化研究会

     奈良女子大「ひろば」

     京都教育大「さわらび」

     奈良文化女子短大「くろっ平」

     光華女子短大「ナチュラル」

…が参加。

このため、1箇所での開催が不可能になり

奈良大学内で複数の会場を併設し

同時間上演をこなしたりしていました。

 

すげえ。飯田の学生サークル連続公演よりも

参加団体が多いぜ。

そりゃ行政や新聞社に意見を言えるわけだ。

 

しかしそんなフェスティバルも…

 

時代の流れか何なのか、

各サークルの消滅や参加辞退が急増。

平成11年には「だいぶつ」と

そのOB劇団「たたくファミリー」しか

参加劇団が確保できず、

翌12年、

奈良人形劇フェスティバルの歴史は終わりました。

 

「栄枯盛衰」といえばカッコ良すぎるかな?

 

 

追伸

 

先日、10歳以上年下の後輩が亡くなりました。

まるで寿命を迎えたかのように

普通の朝をそのまま眠り続けていたそうです。

年上の先輩が、というのももちろん悲しい話ですが、

年下の後輩が、というのは、

何か釈然としないツラさが去来しますね。

でも、嫌な亡くなり方でなかったことだけは

幸いと言えるかも知れません。

 

冥福を祈ります。

 

みなさん、

体を大切に、健康で過ごしましょうね。

 

posted by みん at 21:52| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

奈良人形劇フェスティバル、その2

とーきです。

 

以前「奈良人形劇フェスティバル」について

その発足への道のりを書きましたが

今日はその続きです。

 

時は昭和から平成に変わる頃、

長野県の飯田市で毎年開催されていた

「人形劇カーニバル飯田」の大成功の影響で、

全国の地方自治体が飯田に倣って、

同様の「人形劇フェスティバル」みたいなものを

開催し始めていた時期がありました。

奈良でも、同じ動きがあったようで、

平成3年、

奈良の行政と大手新聞社の主催の

「奈良人形劇フェスティバル」が誕生。

我が奈良大学人形劇だいぶつにも

出演の打診がありました。

 

出演には何も問題はなかったのですが、

「奈良人形劇フェスティバル」という名称のイベントは

こちらが昭和60年から開催しているので、

同じ名称なのは、ちょっと……

と異議を申し立てたところ、

こちらの主張がとおって、

「人形劇フェスティバル IN奈良」

に名称変更してくれることになりました。

 

(写真は、平成8年の、会場入口の様子です)

行政と新聞社が主催のイベントに

意見が言えるほど、

当時のだいぶつは、勢いがあった、

という逸話でした(^ ^

 

次回予告

そんな元気があった奈良人形劇フェスティバルの

終焉について(T T)

 

posted by みん at 19:13| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

顧問の木村先生

とーきです。

前回の「ソロプチミスト」認証の話の続きで、

例の「資料」の最終回です。

(これがその「資料」)

 

「ソロプチミスト」は、国際的な団体で、

認証に際しては大々的な認証式が行われました。

その場での、顧問の木村紀子先生の挨拶が、

次のとおり…だったようです。

(よくここまで詳細に記録していたなあ)

 

創設するとき、『だいぶつ』と聞いて仰天しました。

他の大学の人形劇部や児童文化部のような

かわいい名前じゃないからです。

でも今は、とてもいい名前だと思っています。

大仏様は、奈良の象徴であると同時に、

日本史上で最も偉大な「人形」だからです。

このクラブは『だいぶつ』の名がある限り

素晴らしい人形劇部でありつづけることでしょう。

 

「資料」の記述はここまでです。

平成元年〜2年頃に書かれたようですね。

 

ちなみに木村先生は、創部時から30年以上()

だいぶつの顧問を務めてくださいました。

もしかしたら、誰よりも

だいぶつに詳しい人なのかも知れません。

確か、バレー部かどこかの顧問も務めておられ、

文化会系と体育会系の資質の違いについて

いろいろとお話くださったことも覚えています。

今は退官なさったのでしょうか。

奈良大学名誉教授になられているようです。

 

 

さて、このブログ

どれくらいの「だいぶつ関係者」が見てくれてるのかな。

見てくれた人〜

「見たよ」ってコメント書き込んでください〜〜。

 

以上。

 

posted by みん at 22:15| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ソロプチミスト?

とーきです。

前回から続いて、奈良大学人形劇だいぶつの歴史を

発見された資料に基づいて書きます。

と言っても、ちょうど僕が在籍していた頃の話題ですので

僕の記憶も合わせて書きます。



4月から前期作品製作開始

(2〜3作品を制作)

5月、「こどもまつり」

7月、地域の子供会や幼稚園で公演

(通称「七夕公演」)

夏休み、「人形劇カーニバル飯田」に上演参加

9月から後期作品制作開始

(2〜3作品を制作)

(前期とあわせて合計5〜6本の作品が完成)

11月、「青垣祭(大学祭)」

12月、「人形劇フェスティバル」

12月、地域の子供会や幼稚園で公演

(通称「クリスマス公演」)



平成初期は、このような年間活動サイクルでした。

特に12月は、人形劇フェスティバルのあとも

ほぼ全ての土日が公演に費やされ(平日も公演してたっけ)

あまりのハードスケジュールで

体調を崩す部員が毎年続出していた記憶があります。



平成元年

このような活動を続ける人形劇だいぶつが、

国際的なボランティア団体「ソロプチミスト」

の認証を授かることになりました。

簡単に言えば、

この「ソロプチミスト」なる団体から

無償で資金援助が受けられる、というもの。



そんなオイシイ話が本当にあるのか?

と半信半疑ではありましたが、

継続的なボランティア活動などで地域に貢献している団体に

資金を援助するのが「ソロプチミスト」の活動目的らしく

本当にオイシイ話でした。

もちろん、ちゃんと地域のために活動している、

と証明しないことには

援助してもらえないのですが、

上記の年間活動だけで、ちゃんと証明になったようです。





今日の記述はここまで。

次回は

発見された資料に基づいた書き込みの最終回です。

posted by みん at 22:53| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

奈良人形劇フェスティバル、その1

とーきです。

 

前回、奈良人形劇フェスティバルが発足したところまで

過去の資料らしきものを追ってみましたが、

その続きを見てみます。

 

第1回奈良人形劇フェスティバルは

昭和60年2月に開催されたようです。

同年12月に第2回、

以後毎年12月に催されていました。

場所は、奈良市の中央公民館、文化会館、奈良女子大、

…などの公共施設を転々とし

第5回(昭和63年12月)から

ちょうど運用されはじめた奈良大学新校舎の

講堂での開催に落ち着きました。

 

場所と時期が定着したことで

奈良大学の近辺(高の原の住宅地)の地域の恒例行事として、

毎年多くの家族連れで賑わっていました。

 

この写真は、初めて奈良大学講堂で開催された時の

第5回フェスの、ポスターです。

(僕と同期のティーチャー君の所蔵品です)

  

今日の記述はここまで。

ちなみにこのブログでは今まで西暦を用いていましたが

発見された資料が元号で書かれていたため

前回から「昭和」「平成」を使用しています。

 

だいぶつの歴史についての資料の引用は

次回に続きます。

奈良人形劇フェスティバルについても

また機会を改めて続きを書きます。

「たたくファミリー」などのOBの動向も

いつか触れてみたいと思います。

 

…我ながらビックリ。

だいぶつのネタだけで、こんなにたくさん書けるんだ。

私事のないオフィシャルな話題だけなのに。

 

posted by みん at 22:09| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

人形劇だいぶつ、その5

後輩とーきです。

この写真は昭和60年頃の大学祭の仮装行列らしいです。

僕やみんさんよりも上の先輩ですね。旧校舎ですし。

誰なのか識別しにくい写真ですが、

ご本人がご覧になれば、俺だ、と分かるのでしょうか。

 

というわけで今日は、

僕やみんさんよりも上の先輩の話題です。

大学祭の話題ではなく、

だいぶつの歴史について、ですが。

 

先日、奈良大学「文化会20年史」か何かに

寄稿したと思われる書類(下書き)が出てきました。

人形劇だいぶつの歴史がよくわかるので

要点だけを抜粋します。

 

人形劇だいぶつが発足したのは、昭和47年6月。

当時は大学付属幼稚園と大学祭しか

活動の場所はなかったようです。

(ラビット先輩〜、間違っていませんか〜?)

 

昭和49年、第三回「こどもまつり」に参加、

他大学との交流が始まりました。

(「こどもまつり」の詳細は、このブログ3月5日欄で)

 

その後、関西学生フェスティバルに参加。

これは、大阪人形劇人協会に所属していた

1020団体の関西の大学の人形劇サークルによる、

大阪で毎年開催される人形劇の祭典だったようです

 

また、地元の幼稚園や子供会などでの公演も

年々増えてきました。

 

これで活動も軌道に乗ったようですが

昭和60年、関西学生フェスを脱退。

大阪でなく、地元の奈良で、自分達の手で

人形劇の祭典を開催しよう!

と決意したのです。

この企画は、「こどもまつり」を共催していた

奈良の他大学のサークルと力を合わせることで、

「奈良人形劇フェスティバル」が誕生。

 

以降、次回に続く。

次回に続く?

おお、なんか、大そうなコトを書いてる気がする。

posted by みん at 22:24| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

人形劇だいぶつ、その4

後輩とーきです。

 

みんさんの許可を得て、今まで、僕やみんさんの古巣である

人形劇だいぶつについて思うままに書き込んでいましたが、

おかげで今「人形劇だいぶつ」で検索すると、

このブログがトップに出てくるようになっちゃいました。

そこで今日は明快に、人形劇だいぶつに関係する皆様に

呼びかけてみたいと思います。

 

(人形劇とは無縁の、みんさんのお友達の皆様には、

申し訳ありませんm(_ _)m

 

「人形劇だいぶつ」で検索してここにたどり着いた皆様、

おそらく、だいぶつのOBをはじめとする人形劇関係の方が

多いと思いますが、

できれば、

コメント欄にお名前と何かコメントを書いて下されば

ありがたいです。

誰がここを見てくれているのか知ってみたいですし、

そして、だいぶつに関する書き込みをした時に、

気軽にコメントし合えるコミュニティ広場になったら

嬉しいな〜、と。

 

もちろん、お名前を見て個別に連絡を取ろうとか

妙な高額商品を売りつけようとか(笑)

そんなことは考えていませんので。

 

この写真は、僕の手元に残っている

大学祭用の手作りパンフレットたちです。

「ろばのみみ」「おうさまのみみ」「ももいろぶっく」

「なかよしこよし」……など

世代によっていろんなタイトルが付けられています。

この写真の中で最古のものが1987年、

最新が2010年ですね。

 

目を通していると…

昔の大学生も今の大学生も

大して変わらんなあ(^^)

 

posted by みん at 22:43| 愛知 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

妖精おじさん??

120313_1306~01.jpg120313_1304~01.jpg120313_1256~01.jpg

ご無沙汰してます!みんです。
みなさん、お元気ですか?

久しぶりにブログ更新しますo(^-^)o

元同じ職場のT子ちゃんと近所の公園に梅の花見に行ってきました(^O^)

真っ青な空に赤、白、ピンクの梅の花を見ながら、コンビニで買ったおむすびをほおばる…贅沢な時間、心がほっこり、幸せな気分になりましたo(^-^)o

その後、梅を近くで見てたら、シロツメグサを発見!
T子ちゃんと二人で夢中になって、四つ葉のクローバー探しをしていました♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪

ところが、なかなか見つかりません……┐('〜`;)┌

…すると、どこからともなく現れたおじさん(・_・)エッ......?

「お嬢ちゃんたち、四つ葉、探しとるんやろ、こっちにおいで!」
おじさんに導かれて行った梅の木の下のクローバー…半信半疑で探してみたら、あれよあれよと四つ葉がどんどん出てくる!

ふと、お礼を言おうと二人で見渡したけど、おじさんはいなくなっていました(?_?)

私「あのおじさん、春の妖精だったのかな?」

T子「おじさんが妖精?あはは、まさかそんなこと…」

なんて話しながら、ちょっと歩くとまた、おじさんが!

なんと、手に鳩を1羽乗っけて、足元には20羽ほどおじさんの周りに集まってきてて、よくよく見ると、すずめたちもどんどんおじさんのそばにやってきてるんです!

私「あ…やっぱり、あのおじさん、春の妖精だったんだょ(°д°;;)」

T子「…うん…おじさんだけど、妖精だったんだ…(; ̄Д ̄)」

と、二人して、目の当たりにした不思議な光景に、ただただ、呆然と見とれていたのでした( ̄○ ̄;)
posted by みん at 11:16| 愛知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

こどもまつり

とーきです。

最近は、僕の更新ばかりで恐縮です。

みんさんも何か書いてくれ〜。

 

さて、またまたBOXから引き上げた写真の中から。

 

 

1990年頃の写真です。場所は奈良教育大学のグラウンドで、

これは奈良教育大学・児童文化部「エコー」の主催による

「こどもまつり」の1場面ですね。

 

「エコー」、私達「だいぶつ」、そして

奈良佐保女学院短大・児童文化部「えのぐばこ」

の3団体で運営されていました。

教育大の近くの子供たちを学内に招いて、

グラウンドゲームや工作などで一日中遊ぶという企画で、

前日からほぼ徹夜状態で準備していた記憶があります。

人形劇はしませんが、大勢の子供たちへの接し方が学べ、

他大学サークルとの交流も、得る物が大きかったと思います。

 

ちなみに…

 

奈良教育大学「エコー」は10年近く前(?)に、

佐保女学院短大「えのぐばこ」も15年くらい前に、

部員の減少で廃部になっています。

なので「こどもまつり」も今は行われていません。

 

昨年は「だいぶつ」廃部にショックを受けましたが、

「だいぶつ」「エコー」「えのぐばこ」に限らず、

全国の大学から人形劇系、児童文化系のクラブが

どんどん消滅しているらしいです。

個々の事情や要因はそれぞれ違うのでしょうが、

大雑把な言葉で乱暴にまとめちゃうと

「時代の流れ」…と言えるのかも知れません。

 

むしろ「だいぶつ」の方が

「よく今まで続いたね。40年以上も」

との声もあるくらいですから、

それは誇りに思ってもいいんだろうなあ。

 

posted by みん at 22:44| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

復活のステージ

とーきです。

これまで、人形劇だいぶつの話を書いてきましたが、

このブログの管理人=みんさんに直接関係ないことも多く、

以前からこのブログで、みんさんとコミュニケーションを

交わして来られた皆様にとっては馴染まないネタが続いた

と思いますので、今回はみんさんの話をします。

 

もう一年前ですね。人形劇だいぶつの休部に際し、

40年の歴史の最後を飾るステージを企画しましたが、

その話を聞いたみんさんが、「私も何かしたい!」と奮起、

飛び入りで参加してくれました。

 

写真の右の「ケコミ」の中で二体の人形を操っているのが

みんさんです。

一人で二つの人形を両手にはめての一人芝居、

10年以上も第一線から離れ、本っ当に久々の舞台、

声も動きも体も衰えたりしてるかも知れないし、

体調も万全ではないかも知れない…

と思われましたが、そんなハンデを物ともせず、

見事な一人芝居で会場の子供達を楽しませてくれました。

 

さすがです。昔とった杵柄、ってやつでしょうか。

いえいえ、よく打ち勝ってくれました、

長いブランクと

大きなプレッシャーと

不安なコンディションに。

 

少しだけ、尊敬しなおしましたよ。

少しだけね〜。

あれ?

今まで尊敬したことなかったっけ。

posted by みん at 22:39| 愛知 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

ケコミ

後輩とーきです。

 

人形劇の舞台は、角材や板やパイプを組み上げて

布をかぶせて作る「ケコミ」と呼ばれるステージを

一般的によく使用しているようです。

 

奈良大学の人形劇だいぶつでは、

4mほどのステージと、その左右に約2mずつの

人形や役者が隠れる「ソデ」と呼ばれるスペースを合わせて

横幅約8m、そして高さ約2.5m、奥行き2〜3mの

巨大な「ケコミ」を、数十本のアルミパイプを組み上げて

黒い暗幕をかぶせて作っていました。

 

はじめは、人形劇の専門用語かと思っていたのですが、

社会人になり、新商品の見本市などで賞品を陳列するヒナ段も、

箱などを組み上げて布をかぶせて、同じように「ケコミ」

と呼ぶことを知りました。

 

さて、これは我が家の物干し竿、…ではないです。

人形劇だいぶつの廃部に伴って引き取った

「ケコミ」に使っていたアルミパイプです。

今は人形劇ではなく、洗濯物に使われています。

まだたくさんあるので、他の使い方も考えなきゃ。

こんな使い方してたら、人形劇の神様に怒られるかな?

 

欲しい方、ご一報ください。

以上、人形劇だいぶつのBOXから引き取った物、第3弾

でした。

posted by みん at 19:46| 愛知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

最後の後輩たち

後輩とーきです。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

2011年といえば、もちろん震災の記憶が強烈ですが、

私達にとっては、人形劇だいぶつ最後の年、の意味合いも

少なからず含まれている気がします。

 

そんな年の大晦日の夜、現役生のみんなと大勢のOBで

力をあわせて一つの人形劇を作っている夢をみました。

2011年最後の夢がそれかよ、と

目覚めて妙に幸せで楽しい気分で新年を迎えられました。

 

その現役生の勇姿を2つ。

「恐怖の昼休み」

たった3人での制作とは思えない力作でした。

この写真には写っていませんが、

給食の食べ残しを押し込まれて怒り出す「机」くん

が、個人的にはツボでした。

 

「カメ太とカメ男」

二匹のカメがマドンナのウサギを取り合う話。

最後のオチは、大人も子供も大爆笑でした。

大学祭で見て、これをもっと多くのOBにも見せたい、

との想いが、昨年2月のイベントの発端になったのです。

 

もう一つ、写真がないのですが、「いちばん星みつけた」

という作品があります。以上3本が

人形劇だいぶつの歴史のトリを飾ってくれました。

現役生のみんな、お疲れ様でした。ありがとう。

posted by みん at 14:33| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

あけおめことよろ(^o^)/

P1000395.jpg

明けましておめでとうございます。

ずいぶんとご無沙汰してしまい、申し訳ないです。

今、もろもろの事情により、私がブログ更新ができていません。

そこで、ちょっと、奈良大学人形劇だいぶつの後輩だったT君こと、とーきにだいぶつのことを自由に書き込みしてもらっています。

私は最近はモバゲーにどっぷりの生活です。特に怪盗ロワイヤルにはまっています(*^_^*)

モバゲーの中に日記もあるので、そちらをたまに更新してる次第です。すみませんm(_ _)m

こんな私ですが、どうぞ今年もよろしくお願いします(^o^)/

       みんでした〜(^_^)v
posted by みん at 00:50| 愛知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

人形劇だいぶつ、その3

201112171213000.jpg後輩のとーきです。
引き取った荷物の中から、第2弾。

旧校舎で1987年まで部室(通称「BOX」)で
使用してた、だいぶつの看板です。

とりあえず引き取ったのですが、
僕は新校舎に移った88年入部なので、
あまり愛着がないのです…。
どなたか欲しい方、いらっしゃいますか?

ご希望あるまで、あずかっておきますね〜。
posted by みん at 10:30| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

人形劇だいぶつ、その2

はじめまして。3月にバームクーヘンの買い出しを頼まれていた

2つ下の後輩「T」こと、とーきと申します。

最近はなかなか更新されていないようなので、みんさんの

許しをもらって勝手に書き込みさせていただきます。

 

さて、今年2月の、みんさんや私の母校の人形劇部の休部に際し

部室(通称「BOX」)片付けをしたところ

いろんなものが「不用品」として出てきたので

いくらかを引き取ったのですが、その中から

話題になりそうなネタをアップさせていただこうかな

…と。

 

まず、その第一弾。

1974年頃の写真です。現存する最古の写真かと。

(写っている方に無許可で掲載しています。スミマセン。)

 

 

 

ラビット先輩〜。あなたはこの中にいらっしゃいますか?

お返事お待ちしております。

ラビット先輩以外にも、この写真にご記憶のある先輩は

ぜひコメントをお寄せくださいませ。

 

計算では、もう還暦前後ですよね。

一度、偉大なる諸先輩方とお話してみたいものです。

 

posted by みん at 22:18| 愛知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

バームクーヘン

110319_1545~01.jpg110317_2243~01.jpg

先日、人形劇だいぶつ時代の後輩T君に、ホワイトデーのお返しをいただきました。奈良名物?角(つの)バームクーヘン。

かわいい鹿のパッケージに包まれています。そして、切り口が鹿の角の形をしています!おいしかったですo(^-^)o


後日談
主人と一緒に食べるつもりだったのに、今日はおなかいっぱいとか、違う日に食べるとか、言っていたので、あんまり食べたくないのかな?と、思い、一人で食べてしまいました。すると、翌日、台所の暗闇で、包丁の水滴をきれいに拭き取っている主人が!?
どうしたの?と聞くと、バームクーヘンを食べようと思って…と言うので、あ〜、食べちゃったよ!と言うと、固まってました(^_^;)
かなりショックだったようです。そういえば、主人はバームクーヘンが好物だったっけ…。悪いことしちゃいました。

これを読んでるT君、申し訳ないけど、お金払いますから、また、買って来ていただけないでしょうか、お願いしますm(_ _)m
posted by みん at 16:07| 愛知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

コンビニ中毒?

070203_1623~00.jpg

春の足音が、聞こえてきましたね。みなさん、お元気ですか?

最近の私は、コンビニ中毒?です。
特に用もないのに、仕事帰りに、コンビニに寄ってしまうのです。ほぼ毎日です。

ちなみに行きがけには、遅い昼食を買いにやはりコンビニに寄ってしまうのです。そのまま、コンビニの駐車場で車に乗って食べています。

そう、寄らずにはいられないんです!買おうと思うものもないのに、コンビニに引き寄せられるんです。
そして、コンビニの思うツボ、つい、飲み物、食べ物、雑誌などを買い込んでいるんです。
なぜなんでしょうか?

みなさんはコンビニ中毒になってませんか?
posted by みん at 19:53| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

人形劇だいぶつ

110212_1132~01.jpg110213_1533~01.jpg110211_1947~01.jpg110211_1739~01.jpg110211_1856~01.jpg

奈良大学時代に所属していたグラブ、人形劇だいぶつがもろもろの事情で休部、そして、廃部(なくなってしまう)になりました。ショックです。

先日、現役生、OB、ご近所のママさんサークルなどが集まって、奈良で人形劇まつりがありました。現役生最後の劇、だいぶつを盛り上げて幕を閉じようと、だいぶつメンバーが百人くらい、集まりました。

私も一人芝居をやらせてもらいました。なかよしという演目です。人形劇の基本みたいなお芝居で子どもたちも喜んでくれました。
他にも、ママさんサークル、だいぶつOB、現役生、OBとママさん混合チームの劇がありました。どれも、独特の味があり、面白かったです。

夜には宴会がありました。久々の仲間たちとのおしゃべりや、大道芸、またまた、人形劇は、楽しかったです。
こういう機会でもないと、みんなに会えなかったでしょうね。

だいぶつがなくなるのはさみしいけど、そこで出会った仲間たちがまだ、いるんだもんね。
大切にしていきたいです。

久々の奈良でちょっと散策をしました。

写真説明
人形劇まつりの看板、鹿の電信柱、東大寺のとこの鹿たち、久々の雪景色、
奈良公園のとこの鹿に接する時の注意書き
紹介順序はバラバラです。

奈良大好き!
人形劇大好き!

現役生たちもできたらそうあって欲しいです。
posted by みん at 18:06| 愛知 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。